イヤホンをさしても音が聞こえない

iPhone(アイフォン)の故障でよくあるのがイヤホンをiPhone(アイフォン)にさしても音が聴こえない、音がでないというようなことがあります。画面割れ、充電ができない、水没などと同じようにiPhone(アイフォン)でよくある故障の場合があります。

iPhoneよくある症状・よくある故障

イヤホンをさしても音が聞こえない

イヤホンの差し口(イヤホンジャック)にイヤホンを刺しても音が聞こえないケースも多々あります。
まずはイヤホンを疑ってみましょう。イヤホンを変えても聞こえない場合はイヤホンの差し口(イヤホンジャック)に問題があります。

イヤホンの差し口(イヤホンジャック)の故障の原因は色々ありますが、外部との接触部分となるので故障が多いようです。
過去に水没したことがあったケースは上記症状が起こりやすいようです。

解決策としてはイヤホンの差し口(イヤホンジャック)の交換や修理が必要となるので、迷わずiPhone(アイフォン)を修理に出すことをおすすめします。
イヤホンジャック部分を自分で色々と触ったとして、音が聞こえるようになることはほぼ期待しない方がいいです。イヤホン側の断線や接触不良でなければ、修理する必要を考えて無理やりいじったりしないようにしましょう。

Apple(アップル)へ直接修理依頼する以外にもiPhone(アイフォン)修理を専門でやっている修理店舗は全国に様々あります。
修理店舗によっては、修理コストや修理期間、保障などもそれぞれ違うので検討してみて下さい。

イヤホンジャックの交換でオススメの修理店はこちら

その他よくあるiPhone(アイフォン)の故障や症状一覧