声が聞こえない・自分の声が届かない・音がでない

iPhone(アイフォン)の故障でよくあるのが通話中に相手の音声が聴こえない、自分の声が届かない、音が出ないという症状があります。画面割れ、充電ができない、水没などと同じようにiPhone(アイフォン)でよくある故障の場合があります。このページを見て故障箇所などを確認してみましょう。

iPhoneよくある症状・よくある故障

声が聞こえない・自分の声が届かない・音がでない

電話(通話)の時、通話相手の声が聞こえないことや、自分の声が届かないといった故障はあります。
全てはサウンド部分の故障ですが、それぞれ故障しているパーツが違います。下記が該当の故障箇所です。
①イヤースピーカー
相手の声が聞こえないケースはイヤースピーカー部分かラウドスピーカーが原因です。一度イヤホンを指してみて相手の声が聞こえるか確かめて下さい。聞こえる場合はイヤースピーカーの故障が原因です。

②マイク
自分の声が届かないケースはマイク部分の故障が原因です。デフォルトで入っているボイスメモアプリを起動して、自分の声を録音できるか確かめて下さい。録音できていない場合は該当の故障箇所です。

③ラウドスピーカー
スピーカー通話時に音が聞こえない場合はラウドスピーカー部分が原因です。

どちらにしよ通話トラブルが発生した際は、迷わずiPhone(アイフォン)を修理に出すことをおすすめします。どのスピーカーやマイクに問題があっても、修理店など以外では修理することは難しい部分です。
Apple(アップル)へ直接修理依頼する以外にもiPhone(アイフォン)修理を専門でやっている修理店舗は全国に様々あります。
修理店舗によっては、修理コストや修理期間、保障などもそれぞれ違うので検討してみて下さい。

マイクやスピーカーの修理でオススメの修理店はこちら

その他よくあるiPhone(アイフォン)の故障や症状一覧