バッテリーのもちが悪い

iPhone(アイフォン)でよくある修理例としてiPhone(アイフォン)の充電がすぐ切れるようになった、充電がもたないというものがあります。画面割れ、充電ができない、水没などと同じようにiPhone(アイフォン)修理屋さんにご相談/ご依頼が多い症状です。

iPhoneよくある症状・よくある故障

バッテリーのもちが悪い

iPhone(アイフォン)を使い始めて、1年程度経つとバッテリーのもちが悪いという症状で悩まれる方が多いようです。
バッテリーは消耗品なので、充電のもちが悪くなることは実は自然なことです。
気になるようであれば、バッテリーを交換した方がいいでしょう。バッテリーを交換する方は、iPhone自体はそこまで古くないし、他に故障もないけど、充電が1日、半日も持たないという方が多いです。
Apple(アップル)やその他iPhone(アイフォン)の修理専門店でバッテリーの交換が可能です。
日頃からゲームや、通話、youtubeの動画視聴をしている方は、電池を消耗しやすいため充電のもちが悪くなると言われてます。
iPhone(アイフォン)本体が熱くなることがあるかと思いますが、バッテリーに大きな負担をかけている証拠です。
特に背面部分が膨らんできたら末期の症状です。
またバッテリーの発熱は故障にもつながるので、気になる方は早めに対応された方が良いです。
修理店舗によっては、修理コストや修理期間、保障などもそれぞれ違うので検討してみて下さい。
iPhoneの修理専門店にも安全性に考慮したバッテリーなどを取り扱っているお店も多くあります。安全性がきになる方はしっかりお店の方に確認するといいでしょう。

バッテリー交換でオススメの修理店はこちら

その他よくあるiPhone(アイフォン)の故障や症状一覧