充電が出来ない

iPhone(アイフォン)のよくある故障例の1つとしてiPhone(アイフォン)に充電ケーブルをさしても充電できない、充電されないという症状があります。画面割れ、充電の減りが速い、水没などと同じようにiPhoneの故障の可能性があり、このページを見て故障かどうか確認してみましょう。

iPhoneよくある症状・よくある故障

充電が出来ない

iPhone(アイフォン)にケーブルを差し込んでも充電されないケースもよくある故障事例の1つ。
iPhone(アイフォン)本体に問題があるか、それても充電ケーブルに問題があるのか、原因はいくつかあります。

修理に出す前に、一度下記方法を試してみて下さい。
それでも充電できない場合は、iPhone(アイフォン)を修理に出す必要があります。

①iPhone(アイフォン)を再起動する。
ケーブルを外して一度再起動し、もう一度接続してみましょう。
②パソコンを再起動する。
パソコンにUSBケーブルを繋いで充電してる場合は、パソコンを一度再起動してみてください。充電できることがあります。
③Apple(アップル)の純正ケーブルを使用する。
Apple(アップル)純正ケーブルを使っていない場合は、純正品で試してみて下さい。よくある激安ケーブルは要注意です。
④Apple(アップル)純正のコンセントを利用して充電してみる。
他社コンセントを使っている場合、電力不足で充電の可能性もあります。Apple(アップル)純正のコンセント越しに充電してみてください。
⑤充電ケーブルの先端やiPhone(アイフォン)のDockコネクタ(充電入り口部分)を綺麗にする。
ホコリや汚れでうまく配電出来ていないケースもあります。綺麗に拭いてみてください。

上記対応でも充電出来ない場合は迷わず修理に出してください。イヤフォンジャック同様にケーブルの断線や接触不良以外で充電ができないという場合、充電ケーブルを繋ぐ部分の部品が壊れている可能性が高く、修理できる人以外では無駄に触らない方が良い部分です。
Apple(アップル)へ直接修理依頼する以外にもiPhone(アイフォン)修理を専門でやっている修理店舗は全国に様々あります。
修理店舗によっては、修理コストや修理期間、保障などもそれぞれ違うの検討してみて下さい。

充電関連の修理でオススメの修理店はこちら

その他よくあるiPhone(アイフォン)の故障や症状一覧