水没してしまった

iPhone(アイフォン)のよくある故障例の1つとしてiPhone(アイフォン)をトイレに落としてしまった、水没させてしまったというケースがあります。画面割れ、充電不具合と同じように修理屋さんに相談が多い故障です。水没させた後の対応が非常に重要ですので、このページを見て確認してみましょう。

iPhoneよくある症状・よくある故障

水没してしまった

海やプールで落としてしまった。おしりのポケットからトイレへダイブ、お風呂で動画を見ていたら、うっかりバスタブへ・・・。
水没トラブルもよくある故障事例です。

実は水没した後の次の対応が非常に重要です。
意外と無知な人も多いはず。水没直後の対応方法によっては被害を最小限に抑えることが出来ます。
被害を最小限に抑えること=修理コストと期間が最小限に抑えられるということです。

まずは水没した直後は、電源ボタンや画面を触らず、とにかくスピード第一でiPhone(アイフォン)修理店を探してください。
大切なiPhone(アイフォン)が無事かどうか確かめたくなる気持ちはわかりますが、電源を入れてしまうと通電することとなります。
(水没直後はiPhone(アイフォン)内部に水分があるので、通電してしまうとショートしてしまいます。)

データがふっ飛ぶ可能性や、iPhone(アイフォン)内部の精密な金属部分の腐食・侵食が一気に加速する可能性もあります。
またiPhone(アイフォン)内のデータのバックアップを取らないとと思い、パソコンとのUSB接続をする方も多いですが、
こちらも絶対にやってはいけないことです。
iPhone(アイフォン)のみならず、接続したパソコンやアクセサリ側の2次破損まで引き起こしかねません。
あとドライヤーで乾かすことも一旦避けて下さい。浅い知識の中での処置はかえって症状を悪化させます。

水没トラブルはそれぞれの状況によって修理方法が大きく変わります。
初期化されるケースもありますので、まずはそれぞれの修理店舗で相談してください。

その他よくあるiPhone(アイフォン)の故障や症状一覧