タッチパネルが反応しない・画面操作出来ない

iPhone(アイフォン)のよくある故障例の1つとしてiPhone(アイフォン)のタッチパネルに触れても動かない、反応しないということがあります。画面割れ、充電ができない、水没などと同じようにiPhoneの故障の可能性があり、このページを見て故障かどうか確認してみてください。

iPhoneよくある症状・よくある故障

タッチパネルが反応しない・画面操作出来ない

画面下部のロック解除のスライドが出来ない、キーボード入力が押せないなど、突然タッチパネル(画面操作)が反応しなくなった事例も多くあります。
そういう時はまず下記の対応を試みて下さい。

①再起動します電源ボタンを長押しすると、スライドで電源OFFが表示されるので、スライドして電源を落としましょう。
スライド出来ない時は、強制リセットの手段として電源ボタンとホームボタンを同時に押し続けます。Apple(アップル) のロゴマークが表示されたら指を離しましょう。
電源がオフになったら、もう一度電源をもう一度オンにして正常に動作するか確認しましょう。

②柔らかく、少し湿らせた布やタオルで、デバイスの画面をきれいに拭きとり、正常に動作するか確認しましょう。画面常に脂分(指紋跡)や水分などが残っていると反応が鈍る可能性があるためです。

③保護ケースを使っている場合やディスプレイにプラスチック製のシートやフィルムが貼られている場合は、一度外して確かめましょう。

上記方法でも解決出来ない時は、修理に出す必要があります。
原因としては、タッチを感知するデジタイザというパーツが故障している可能性があります。
デジタイザというパーツは画面(フロントガラス)と液晶の間に、薄い膜のように挟まれているものです。

見た目画面(フロントガラス)に傷が無いように見えても、落とした衝撃でデジタイザとパーツが損傷するケースがあります。
デジタイザへの傷は非常に見落としやすいものです。iPhoneを軽く落とした衝撃や、軽い水没でもこのような事例が起きやすいようです。
迷わずiPhone(アイフォン)を修理に出すことをおすすめします。
Apple(アップル)へ直接修理依頼する以外にも、iPhone(アイフォン)修理を専門でやっている店舗は全国に様々あります。
修理店舗によっては、修理コストや修理期間、保障などもそれぞれ違うので検討してみて下さい。

⇒タッチパネル(画面)の修理でオススメの修理店はこちら

その他よくあるiPhone(アイフォン)の故障や症状一覧