【絶対マネしちゃダメ】 iPhone耐久テストの結果

iPhoneってどこまで耐久できるのか、海外では多くの実験がされています。iPhoneが水没した場合、何秒くらいは大丈夫そうか、落下はどのくらい弱いか、電子レンジでiPhoneの充電が可能か、などなどそれぞれの状況に合わせて耐久テストしている動画をまとめました。

日本国内でもちょこちょこ見かけるようになりましたが、iPhoneの耐久テスト(半ばほぼ壊したいだけのものもありますが笑)の映像系はやはり海外の動画だと多くあります。

電動ドリルで新品のiPhoneに穴を開けてみたり、銃で撃ってみたり・・・iPhone修理店で見ることも無いような壊し方も多くありますが、その中で実際に起こりうるもののみ5つピックアップしてiPhoneの耐久性について見てみましょう。

歴代iPhoneモデルの落下テスト


iPhone2G~6までの落下テストの動画です。これを見ると分かりますが、基本フロントガラス(液晶)から落ちたら画面は確実に割れてしまいますね。。こればっかりは気をつけていても落とす時は落としますのでケース、フィルムなどで防御しましょう!画面が割れてしまったらiPhone修理店に直してもらうようにしましょう。(モデルが新しいほど画面の交換は高いので6,6Plusは特に気をつけて!)

iPhone6Plusを曲げてみた


iPhone6,iPhone6Plusはお尻のポケットに入れて座っただけで曲がる、というのが騒がれたのも記憶に新しいと思いますが、本気で曲げたらどのくらいで壊れるのか?

はい、動画観てもらうと分かるのですが、3秒です。たった3秒で外装でなく内部まで壊れますのでご注意を!(ここまで曲がるシチュエーションもなかなか無いと思いますが笑)

iPhone6を水没させてみた


iPhoneの水没というのは多くあるシチュエーションだと思います。純粋な水の場合ですし、状況によっても異なると思いますが、この動画では45秒間はiPhoneが生き抜いています。完全に水の中で45秒は動き続けているというのは意外でした!

iPhone6を沸騰したお湯に水没させてみた


水の次はお湯。お湯と言っても、沸騰しているお湯です(笑)

同じ水没でも沸騰しているお湯の場合は熱によって結果は9秒でiPhoneがただの文鎮となります。

iPhoneを電子レンジで充電してみた


2chなどで一時期都市伝説的に出回った「レンチンすればiPhoneの急速充電ができる!」というのは海外でも同じように語られていて、多くの動画がアップされています。この動画はたった3秒電子レンジに入れているのですが、3秒でただの文鎮になりましたね笑


このようなiPhoneの故障だと修理は難しいですし、もう少しレンジにかけると火がついたりもするので”絶対に!絶対に!”マネしてやらないようにしてください!

もしご興味があればコチラの記事もどうぞ!

故障したiPhoneを修理に出してみた